Top
First: October 9, 1999
Last updated: October 19, 1999
Copyright (C) H.Takatsuji, H.Ohtsuka
Access count: 2311

情報倫理:レポート課題1


これまでの考察の方法論をもとにして次の設問に答えなさい。



設問1. コンピュータのアカウントを第三者との間で貸し借りすることは悪いことだろうか。
    次のいずれかの立場を選択して論じなさい。400字程度。
 
 (1) 悪いと考える場合。
 
   その根拠は何か。いついかなるときも悪いか。
   他者への危害がなければよいか。発覚しなければよいか。
   どうすればアカウントの貸し借りを防げるか。またはチェックできるか。
   アカウントの貸し借りが発覚したとき関係者はどのようなペナルティを
   受けるべきか。
 
 (2) よいと考える場合。
 
   その根拠は何か。いついかなるときもよいか。
   万一問題が生ずるとしたらどういう場合か。
   それに対してどのように対策を講じておけばよいか。


 
設問2. 大学のファイルサーバ(Fドライブ)を利用する際の、ユーザに対する容量制限の
    ルールはどのようであればよいか。次の観点から論じなさい。400字程度。
 
 (1)あなたが提案するルールはどのようなものか。容量制限を一切設けないことが
   よいか。容量制限を設けるとしたらどのように制限すればよいか。
 
 (2)そのルールが望ましいと考える根拠は何か。
 
 (3)ルール違反を未然に防ぐ方法はあるか。
 
 (4)ルール違反が生じた場合、ユーザはどのようなペナルティを負うべきか。
 


設問3. レポート課題の締切りがせまっていて多くの学生がコンピュータを使用したい
    と思っている。コンピュータ教室で授業をしているが、まだ空席がある。
    この場合その空席を利用してもよいだろうか。400字。

 空席は誰のものか。利用してよい場合その根拠は何か。利用してはいけない場合
 その根拠は何か。


 
提出方法
 
 (1)上の3つの設問に対する解答を、まとめて電子メールで送信しなさい。
 (2)あて先
    tak@reitaku-u.ac.jp (高辻)
 (3)期限 
    1999年10月19日17:00まで(厳守)
 (4)書き方の注意
    表題(件名)は「情報倫理レポート課題1」としなさい。
    本文の最初にあなたの学籍番号(半角)、氏名、電子メールアドレス(半角)を記述しなさい。
    1行は全角30文字くらいで改行しなさい。
    添付書類形式ではなく,メールの本文に書いてください.
 (5)評価のポイント
    論理性を重視する。
 	論理的である(100点),やや論理的である(80点),その他(60点)。
 
以上