Top
First: October 5, 1999
Last updated: October 15, 1999
Copyright (C) H.Takatsuji, H.Ohtsuka
Access count: 8401

情報社会の自由と禁忌


1. 自由主義と倫理的行動の原則(加藤1による)

  1. 判断能力のある大人なら、(判断能力)
  2. 自分の生命、身体、財産に関して、(自己所有)
  3. 他人に危害を及ぼさない限り、(他者危害原則)
  4. たとえその決定が当人にとって不利益なことでも、(自己不利益)
  5. 自己決定の権限をもつ。(自己決定)

(注)

2. 個別テーマ


  1. 加藤尚武「現代倫理学入門」(講談社学術文庫、1997)
  2. 外部不経済:ある者の行動が対価の支払いなく他者にマイナスの影響を及ぼすこと。迷惑料の支払いなき迷惑行為。
  3. 堀部政男「プライバシーと高度情報化社会」(岩波新書、1988)
  4. 永田眞理「知的財産権の考え方」(日経文庫、1996)